スコットランド eteaket『エチケット』のご紹介

イギリスといえば紅茶の国。

2008年にスコットランドのエディンバラにeteaket 『エチケット』誕生。

teaの文字をしのばせたネーミングがとてもお洒落。

tearoomでは、紅茶もアフタヌーンティーも味わえます。

紅茶の評価や支持は、とても高く英国のベストティーにも選出され、

『グレイトテイストアワード』でも数々の賞を獲得。

なかでもロイヤルアールグレイの紅茶は、とても人気があります。

セイロンの紅茶にベルガモットの香り、矢車草の花が彩りを添えてたブラックティー。

tearoomだけではなく、世界の有名レストランをはじめ5ツ星ホテルでも提供されています。